粋なはからいと完璧なタイミング sumie's room
粋なはからいと完璧なタイミング
ベトナムに来て少したった頃、友達に誘われて料理教室に参加したことがあります。
その日は、突然のキャンセルが出て、参加者は私と友人だけでした。

料理教室を主宰していたのは、由里子はん

私と同じコンドミニアムに住んでいた彼女、一歩家に入ったらセンスの良い家具にレイアウト!
ほとんど同じ間取りで同じ家具(家具つきなのでね)とは思えない状態で。
何ていうんだろう、そこに置かれている家具や小物達もね、気持ちよさそう~なんだよねぇ~。
気持ちの良い空間っていうのは、こういうことを言うんだよな~。
そして、当然めちゃくちゃ居心地が良いんだよね。

そして、驚いたのが彼女の料理に対する情熱!
ベトナム料理を習うためにベトナム語を習得していて、ペラペラだし~~~。
料理が好きで、好きで、好きで、一生懸命やってるうちに、教室を開くようになったこと。
初めて教室を開いたときの緊張した話や、いろいろな話をね、しました。はい。
ラッキーなことに私と友人だけしか生徒さんがいなかった日だったので、
たくさん話を聞くことが出来て。

そして、こういう出会いには神様のちょっとした”はからい”がついているもので。

私がスリランカで仲良くしていた友人と由里子はんがペルーで一緒だったこと、
しかもアパートの上下で暮らしていたことが発覚!

うふふふふふ、そういうものよねぇ~~。
神様ったら粋なことしてくれちゃうのよ。

料理教室の当日、私はその友人にたまたま(もうたまたまとは思わなくなってますが)、
これから料理教室行って来るね~なんていうメールを出していたところでした。

ペルー、スリランカ、ベトナムと、一気につながったわけで。
地球って狭いよなぁと思ったりしてね、うふふふふ。

そして由里子はんの料理教室から帰ってきた私は、久々に燃えていました。

何かをしなくちゃ!!

理屈なんてありません、
とにかく私も何かしなくちゃ!
何かをするぞ!!
猛烈にそんなことを思い始めていました。
何かって何を????

スイッチが入った瞬間でした。

そこから私は、深く自分のことを考えるようになりました。
何をしたいのか?
どうやって生きていきたいのか?
自分がカウンセラーになりたかったことを思い出し、
セラピストになる道へとつながっていくのですが。

その後由里子はんは日本へ帰国してしまったのですが、
この2月にこちらに遊びに来ていて。
それは、私がハワイでセラピストの講座を終えて帰ってきた日だったわけで。
もうね、偶然なんてないってわかってますけど、これまた粋なはからいなんだな~。

私はそこで由里子はんに会って、直接お礼を言うことが出来ました。
あの時、料理教室に参加して出会ったから、今の私がいること。
そして無事にセラピストになれたこと。
そんな話初めて聞いた由里子はんでしたが、とても喜んでくれたのでした。

とまあね、こんな話ですよ。
物事って本当に完璧なタイミングで起こるんだなぁと実感させられます。
そしてそのことに深い感謝の気持ちがわいてきます。

今は奈良でもうすぐ出来る新居と新たに始まる料理教室のことで忙しくしている由里子はん。
そんな素敵女子の由里子はんのブログはこちら

そしてやはりキーワードは

直感

ですわよぉ、奥さん!






ピン!ときたら押しちゃって~~












スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://sumiet.blog70.fc2.com/tb.php/45-d1628a4c