私の前世 sumie's room
私の前世
何度も何度も生まれてきているわけですから、
そりゃ、いろいろありました。
楽しいだけの人生なんてないですもんね。

アラスカでイヌイットの少女だったときには、
熊に襲われて19歳で亡くなりましたし、
北欧で漁師をしていたこともあります。
アフリカで道具を作る職人だったこともありますし、
山のきこりの娘だったこともあります。

フランスできらびやかに着飾っていたこともありますし、
イギリスで戯曲を書いていたこともあります。
アメリカで医者をしていたときは本人もポリオでしたし、
子供をなくした女性だったこともあります。

そんな中、つらかった、きつかった、ナンバー1は!と言われると、

インド人の少女

がダントツ1位ですね。
どんなに大変な人生だったとしても、
死んだ後は、良い人生だった〜って思うことがほとんどなんですよね。
インド人の少女の場合はなかなかそう思えなかったなぁ〜。
そして、インドで悲しい事件(女性のレイプ事件など)が起こるたびに、
あの頃とまったく変わってないよね〜と、
苦虫をかみつぶしたような顔になり、
やさぐれた気分にちょっとなるかな。



私たちは、前世のことを知らなくたって、
苦しんでいる人のことを思いやったり、
悲しんでいる人の気持ちに寄り添ったり、
その人の気持ちがわかると思えます。

それって潜在意識が”知ってる”からかも、しれませんね。

自分が経験したことないことでも、
胸が張り裂けそうな気持ち、
わかることあるものね。

私は自分の前世を知るたびに、
この時代をこんな風に生きていたのね、
とちょっと誇らしく思えます。
親が子供を見るような、そんな気持ちに似てるかもしれません。

よくがんばってきたよね〜と、
どの人生の自分にも言ってあげたい。



















昔からマッチョな男の人が苦手です。
男尊女卑もダメだし、
亭主関白も、ムリムリ〜〜。
オレって言う人も、
オマエって言う人もダメですもん^^;
今世の私が望んでいるのは、
優しくて穏やかな人〜♩


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://sumiet.blog70.fc2.com/tb.php/608-8c4340c3