日本にて sumie's room
目黒マダム
東京はいろいろな顔がありますよね。
結婚する前は東京生活でした。
世田谷暮らしが10年以上続いたのですが、
北海道人にとって世田谷の道の狭さはきびしいものがあって、
結局落ち着いたのは成城でした(ここは道が広いんです)。

結婚してから日本を離れて、
一時帰国で滞在するのは街中ばかりで。
住宅街を歩くことはなくなっていました。

そんな中、目黒をバスでゆったりまわってランチをする機会がありました。

目黒駅から出ているバスに乗って目黒通りを。
こじゃれたお店があったり、
幼稚園児かな?朝からすでにばっちりのお母さんと子供たち。
(化粧も髪も完璧で、ワンピースにパンプス姿のお母さんです)
こういう風景見るのは久しぶりです。

サルジオ教会だ~~。
ここって百恵ちゃんが結婚した教会じゃないですかぁ。
懐かしいなぁ。

そして碑文谷テラスへ(サルジオ教会の向かいにあるおしゃれカフェです)。
って、すでにいっぱいで入れないけどね^^;
というか、先ほどのお母さんみたいな人たちがたくさんいる~。
これが目黒マダムなんでしょうね、きっと。

仕事をしているときは、駒場東大前と松涛の間にオフィスがあったので、
お金持ちマダムたちは見慣れていたのですが、
こういうマダムたちを見るのは久しぶりでしたね~。
ホーチミンのマダムとはまた違った香りがしたかな^^

東京はいろいろな顔があります。
環七沿いの木曽路でランチ。
ゆったりとした和食のお店で、
先ほどのカフェとは客層ががらっと変わったかな。
ここだと私と友人は若手になるものね^^
(先ほどのカフェだと最年長かと^^;)
コスパも味も量も完璧でした。すばらしい。

東京は本当にいろいろな顔があります。
またひとつ知らなかった東京を知ることができました。
街中とは違った時間が流れているような、
東京だってそういう場所があるんですね。



















ゆったりとした時間が流れていて、
居心地よかったなぁ。
まだ見ぬ東京を教えてくれてありがとう。
楽しいバスの旅でした^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
居心地のよさ
今日は涼しくてすごしやすいです。
こんな毎日なら東京の夏もいいですよね^^

海外での生活も長くなってきて、
日本はたまに帰ってくるところで、
ずっと住むとなると息苦しいかなぁ~^^;
なんて思っているのですが、
私のまわりの友人たちもそういう人が増えてきました。

海外生活も3年4年5年と長くなってくるとそういう傾向があるようで。

1年目はベトナム生活に慣れるのに必死で、
2年目ベトナムにはあれもこれもないとまだ不満が大きいかなぁ。

それが3年を過ぎたくらいから変わってくるんですよね~。

昨日もホーチミンの友達と東京でお茶してそんなことを話ました。
彼女もホーチミン3年目ですね、日本に住みたいとはあまり思わないようで。

海外暮らしって大変なこともあるにはあるんですが、
メリットも大きいんですよね~。

気楽、マイペース、のんびり、のびのび、友好、没頭、集中、快適

そんなキーワードがでてきます。

限られたことしかできないっていう部分もありますが、
やりたいことに没頭して集中できるっていう面もあるんですよね。

時間もたっぷりあるので、自分が本当は何がしたいのか?
ゆっくりと向き合うことができます。

忙しい日本の都会暮らしと違って時間だけはたっぷりありますから。

なんてことを書いていたらホーチミンが恋しくなってきました。























ヒプノセラピーの勉強もさらにできて、
帰ってからのセッションが楽しみです。
おっと、その前に東京でのセッションもありますね^^
楽しみだな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
聞こえちゃう
おさななじみとランチしていたときのこと、
娘も一緒だったのですが、
おさななじみが娘に聞きました。

ベトナムのほうがいいことってある?

こういうところでランチしてても何を話しているのかわからないのがいい。
日本だと日本語だから話が全部聞こえちゃう。

。。。。。。そこかい!
まあ、ね、一理ありますが。

たぶん私の声が大きいので、
すべて聞こえちゃう!ってよく注意されるんですよね。
コンビニでも街中歩いていても。
日本人がまわりにいない環境で暮らしているせいかな?
もともとでしょうか^^

日本は3連休で、
暑い暑い日が続いています。
冷奴とか納豆とか生卵とか、
そういう普通の質素な食事がうれしい。
日本の暑い夏、
もうしばらく味わおうと思っています。
















ママ声大きすぎ!
全部聞こえちゃう。
はーい気をつけま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
緑と小川と母国語
夕方プラリと近場の公園へ。
精進河畔公園という、緑と小川と滝まである静かな公園で、
実家から徒歩5分です。
公園の前を通る事はあっても中まではいった事なかったのですが、
緑が多くて静かで広くて川も流れていて小さいけれど滝まであって、
最高の公園でした。
IMG_0818.jpg
IMG_0826_convert_20130712083523.jpg


幼なじみのYちゃんとYちゃんの娘のMちゃん、私の娘と一緒に。
アメリカ人と結婚して4年前までずっとアメリカ暮らしだったYちゃん。
4年前に日本に戻ってきました。
Mちゃんと娘は一つ違い。
二人ともインター生だし、バスケやってるしで、いろんな話が出来て楽しかった。
第2外国語の先生の愚痴が一緒で興味深かった。
っていうか、直面している二人には大変な問題なんだろうけど、
そういう融通のきかない、性格の悪い大人もいるんだよね。
そんな大人ともつきあっていかないといけないし、
どんな風につきあっていくのかも勉強だったりするもんなぁ。

それにしても4年前まで日本語まったく話せなかったMちゃんの日本語にびっくり。
発音がいいのももちろんだけど、
複雑な説明や状況の話も、
筋道たてて話せていて感心した〜。
やはり母国語がしっかり出来てからの第2外国語の伸び率の高さを改めて実感。
私は常日頃言っているんだけど、
子供をバイリンガルにしたかったらまずは母国語をしっかり習得するってこと。
母国語がぐらぐらだと第2外国語は伸びないんだよね〜。
海外生活も長くなってきて、いろいろな例を見てきていて、
自分の子供を育てていて感じていた事です。

Mちゃんは小3の終わりに日本に来て、
日本語が全く出来ないのに公立の小学校にはいって。
6年生で卒業するまで約3年、日本の小学校だったわけで。
中学からはインターに行って今中2で。

娘も小2でインターに入るまでは海外生活だったけど、
ずっと日本語環境で(幼稚園も日本人学校付属だったしね)きて。
日本語がしっかり出来てからのインターだったし。

いろいろな例があるけどね、
でも、二人に共通するのは日本語と英語が入り交じったりしないってこと。
日本語のときは日本語だけ、
英語のときは英語だけ。
これがちゃんと出来てるかは大きいと思うなぁ。

後は親のがんばりでしょうか。
ほっといて勉強する子供はいないので。
とくかくしつこくあきらめないでコツコツと。
それが母国語キープのひけつかなぁ。
やっと最近娘に感謝されはじめています。
自分が変な日本語になっていないのはママのおかげでもあるって^^;

















緑多い公園に一番いやされていたのは娘かも。
ベトナムではああいうピクニック的なことなかなか出来ないのでね。
IMG_0816_convert_20130712084150.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

野球観戦
札幌ドームで日ハムVSバッファローズを観戦。

野球を見に行っていつも思うことなんですが、
応援団って本当にすごいよね、ってことです。
素晴らしい応援なんだよね〜。
いつも感動してしまいます。

嵐のコンサートも真っ青なほどの
コール&レスポンス(ってコールされてないけど^^)。
昨日は一点も取る事が出来ないという試合で。
バンザーイ!なしよ、でつまんなかったわ。
点が入ると
♪おーいおーい北海道、北海道〜〜♪
を歌って万歳三唱するんですよ。
それが一度も出来なかったという^^;
ホームでの試合、せめて1点は入れてほしかったなぁ。

試合の合間に見られる選手の姿も面白いです。
中田翔くんが大谷選手と何度もキャッチボールをしてました。
その姿を見ていると中田の良い人具合がわかるような気がします。
試合の合間にはレフト側スタンドにいる子供ともキャッチボールしてて、
グローブもって応援に来ているその子供もとっても上手くて、
何度もキャッチボールしてました。
新庄の頃からのファンサービス精神が浸透しているなぁって思いました。
って、点を取る事が一番のファンサービスですけどね^^;

札幌に帰ってきて家の近くをプラプラ歩いていても感じるんだけど、
お店はどんどんなくなっていってて、
あの店もつぶれてる、この店もつぶれてるって。
どっぷり不景気な雰囲気が漂っているんですが。
雰囲気を盛り上げるのに地元のチームというのは重要な役割がありますね。

日ハムがんばってほしいなぁ。
そして札幌を盛り上げてくださいませ〜。

















札幌も暑くなってきました。
夏は夏らしく、ですね。
ホーチミンも暑いんだろうなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村