家族のこと sumie's room
誕生日
昨日は夫の誕生日でした。
家族3人、ご近所のフレンチレストランで食事。

そうそう、行こうと思っていた3Gは引っ越し&改装中らしくてお休みで、
La Villaに行ったんですが、お客さんたくさんでした。
平日の夜ですが予約して行ってよかったです。
ランチしか行ったことなかったので、こんなに繁盛しているとは知らず。
年に2回か3回しか行ってませんが、
私の顔を一発で覚えてくれた女性がいて、
半年ぶりくらいで会ったら、お腹が大きくなってました^^
マダム久しぶりですねって、
あなた妊娠したのね!おめでと〜〜!!
めでたい再会でした。

夫は44歳になりました。
知り合ってから19年が過ぎたということです。
18歳で家を出ているので、親よりも長く一緒にいるってことですね。
そんなに長く一緒にいる感じしないけど。

家に帰って来たら娘が
パパと一緒の写真撮って〜と。

2人の笑顔の写真と、
面白顔の写真いただきました。

パパも、もうヨンヨン(44)なんだから食べすぎちゃダメ、とか、
いろいろ言いたいこと言ってますが、
パパがキモくなる時期が来ることもなく仲良くしている夫と娘です。

それを見てるだけで何もいらないなぁって思ったあるよ。















とっても美味しかったんだけど、
夜にフレンチとか無理になってきたかな、
夫も、醤油ほしいなぁって思った^^って言ってて、
なんだか笑えましたけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村



バイリンガルへの道
私が長年取り組んできたことのひとつに、
娘をバイリンガルにする、
ということがあります。

バイリンガルという言葉が出て来ちゃうと、
なんだかちょっと違う気もするのですが(かっこよすぎ)。
どちらかというと、
英語をやらせつつも日本語の勉強をあきらめないぞ!
というそういう感じなんですが。
(〇〇にする、っていうより、
〇〇をあきらめないぞ、っていう切羽詰まった感じ^^;)

インターナショナルスクールに通っているので、
まずは学校の勉強が最優先で。
いつ日本に本帰国するかわからない状態でいますが、
まずは今通っている学校での勉強を優先する、
というのが基本かなと。
なので、学校の成績を上げることがまず第一で、
その上で、日本語の勉強をやる、と。
まあ普通に言って時間はありません。
遊びたい年頃ですし、部活も忙しいですしね。

それでも、やるしかないのが日本語の勉強なんです(我が家の場合)。

それを小2からずっとやってきました。
途中、泣きが入ったことも一度や二度ではなかったかな。
土日と長い休みに(インターはこれには困りません)集中してやったり、
夏休みに帰国子女の塾に通ったり。

友達や先生たちには(非日本人)、なぜにそのようなことをやっているの?
と理解されないことのほうが多かったですが
(ネイティブにはわからないと思います。ネイティブじゃない子たちも母国語は
話せるレベルでいいって思っている人が多いかなぁ)。

中3になった娘は、
先日行われた漢字検定も3級に受かって(中学卒業レベル)、
日本人としては普通な感じになっているかな、と
(もちろんこれだけで判断は出来ませんが、ひとつの指標としてね)。

やっとここにきて、ちょっとだけ自信もつきましたし、
落ち着くことが出来たかなと思います。
普通の日本人レベルだよね?と娘と確認しあったりしてね^^

駐在していると、いつ本帰国になるのかわからない場合が多くて、
我が家も毎年帰ることを想定して調べたり考えたりしてきました。
特に高校受験をどうするか?という問題が大きかった気がします。
結局はインターで行くことになりましたが、
ここから先もいつ本帰国になるのかはわかりません。

どこの大学に行くのか、
どこで仕事をするのか、
今はまったくわかりませんが、
どこに行ったとしても、
日本人としてやってほしいというのが親の願いでしょうか。

長年インターに行っているのに日本語が話せるのはどうして?
とか、
英語と日本語のどちらも出来るのはどうして?
とか、
いろいろ聞かれることが多くなってきました。

ということで、娘の場合をお伝えしていこうかなと。

バイリンガルへの道 彼女の場合

というブログをはじめました。
このブログでは、娘がどんな風にインター生活をおくってきたのか、
日本語の勉強はどうしてきたのか、
などなど、バイリンガルになりつつある娘のことを振り返りながら、
これからのことも考えつつ書いていこうかなと
(IBスクールとアメリカンスクールの違いなんかもちらりと書けるかなと)。

時期など詳細に書かれてますが、
プライベートなブログを書いていたので、
当時のことが細かく記録されてるんですよね。
なので、同じような状況の方にもひとつの例として見てもらえるかなと。

バイリンガルへの道はひとつではないと思うんですよね。
あくまで彼女の場合はこうだったということで。
今、インターナショナルスクールで頑張っている親と子へ、
母国語と第2外国語の習得
に努力している親と子へ、
少しでもお役に立てることがあればと。

ぜひ読んでみてください。



















先日ロサブランカで降りてきたのはこれでした^^
あ、私バイリンガルについて書かなくちゃ!
と突然思ったんですよね〜
それにしても昔のブログを読むと泣けることが多くて
いろいろあったなぁ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

フィールドトリップ
娘は学校の旅行中でマダグイに行ってます。
旅行の様子は毎日先生がネットにアップしてくれます。
昨日はどうやらジップラインをやったよう。

ジップラインとは
「森の中に張ったワイヤーを、滑車を使って滑り降りる」

だそうです、楽しそうだ〜。

実際楽しそうな娘の写真がアップされていました^^

トライアスロンらしきこともするって言ってましたが。
マウンテンバイクに乗ったり走ったり泳いだりするらしいです。

旅行前日、宿題に追われて夜中まで勉強していたので
(宿題の期限は日付が変わる前、提出方法はネットで)、
なんだか顔がボーッとむくんでおりましたが^^;
大好きな友達と一緒だしね、楽しくないはずがない!
大自然の中、雨に降られ、泥まみれになり、
さらにたくましくなって帰ってくるでしょう。




















はじめてのフィールドトリップを思い出します。
3年生だったね(スリランカ時代)。
ケガしてないか?泣いてないか?と、
帰ってくるまでハラハラドキドキしてました。
それも今では良い思い出です^^
それにしても、子供ってあっという間に大きくなる!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村


















15年たちました
今日は娘の15回目の誕生日です。
15歳って!!びっくりですよね〜。
本人も『14歳のほうがよかったなぁ、15歳って!!』と言って
学校に行きました。

15年前、イギリスはバーミンガムで娘を出産しました。
昨夜は夫とそのときの話をサカナにお酒を飲みました。
あの日のこと2人とも事細かく覚えています。

あの時夫が読んでいた本のことも、
娘をとりあげてくれた助産婦さんの名前も、
娘が出て来た瞬間のことも、
出産後出て来た手を付けられなかった食事のことも、
ぐっすり寝ちゃって中々起きなかった娘のことも、
起こしておっぱい飲ませようって言った看護婦さんのことも、
朝方に配られたミルクティーの味も、

なにもかもすべて覚えています。
私と夫にとって一番大切な思い出の日。
きっとこれからも忘れることなどない日。

誕生日ディナーは友人たち9人とレストランに行くそうで^^
きっと学校でもたくさんの友人たちにおめでとうを言われているでしょう。
娘の世界は友人たちが中心にまわっていっています。
でも、それが自然な姿ですもんね、さみしくなんかないさ。
そうそう、去年も今年も、
娘の誕生日はパジャマデイで(パジャマを着て学校に行く日)^^
今年も誕生日の登校はパジャマでした。

14歳の誕生日、
今までで最高の誕生日だった!と言っていましたが、
今年の誕生日はそれを上回るのでしょうか?
きっと上回るよね。
どうぞ毎年記録更新してください^^



















家族でのお祝いは明日ですね
今日は夫とワインで乾杯かな
臨月でイギリス入りした
勇気あるあの頃の私と夫に
そしてそんな夫婦のもとに来てくれた勇気ある娘に^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
卒業式
昨夜は娘の卒業式でした。
ミドルスクール卒業です。
日本と違って、小学部5年、中学部3年、高等部4年なので、
グレード8で卒業になります。

卒業式と言っても、5つ星ホテルで、ブッフェスタイルの食事で、夜!行われます。
案内には、男子はジャケット着用なのでそこんところよろしく!と書いてあります。
そうです、きちんとした格好で行かなくては、であります。
大人の階段上るわけです^^

卒業式委員だった娘は、座席表も自分で出来たみたいで、
娘の仲良しさん家族たちと一緒のテーブルでした。
子供たちは家にもよく遊びに来るし、学校でもしょっちゅう会うので知っていますが、
お父さんお母さんとはそれほど会う機会もなく(これがエレメンタリーと違うところ)
ゆっくり話が出来て本当によかったです。
その場で、夏休みのお泊まり旅行まで決まっていました^^
親がその場にいると話が早いよね。
サイゴンより南のほうへ、友達のお母さん実家へ3泊で遊びに行くことになってました。
”私も行っていいかしら?”ととりあえずかましておいたけどね^^;

卒業式は歌や楽器が上手な子たちの活躍の場でもあります。
娘の仲良しさんは歌が本当に上手で、
昨夜もステキな歌声を披露してくれました。

そうなんだよね〜、娘の友人たちはみんないい子で。
勉強はできる、がんばりや、真面目、性格はいい、ときてるわけで。
そしてそんな娘の友人たちのお父さんお母さんはやっぱりステキな人たちなわけで、
やっぱりねぇ、と思わされた夜でした。
真面目ちゃんではない我が家ですが、これからもよろしくね〜と思ったのでした。


最後のほうにスライドショーがあって、
小さい頃の写真と今の写真を並べて写すのと、
学校での様子がビデオで写されていて、
みんな本当に楽しそうで、先生たちも楽しそうで。

あぐらをかきながらグループワークをやっている娘の姿が映し出されて、
こんな格好でお勉強なんて、日本ではありえない〜ってことになるんだろうけど、
楽しそうに笑っている娘の姿を見て、
本当にこの学校で学べてよかったなぁとココロから思いました。

そして小さい頃と今の娘が映し出されてね、

大きくなったよね。

卒業おめでとう!















わがままな私を親にしてくれてありがとう


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村