sumie's room
適当感出せるといいよね
こういう国に長く暮らしていると、
適当、てきとう、テキトー
という感じが染み付いてくるようで、
何事も、大体でいいか〜、ほぼほぼで大丈夫、
というような感覚になってきます。

きっちりかっちりやりたい日本人気質が顔を出すこともあるにはあるんですが、
そういかないのが南国ですわ。
いや、ハノイを南国と言っていいのかどうかは微妙ではありますが💦

南国で暮らすということはこういうことなんだよね〜。

と常日頃思っていましたが、
イギリス!イギリスもだいたいそんな感じだったなぁと。
娘が毎日直面していることもそんな感じみたい。
イギリス生まれ、南国育ちの娘にしてみたらそれほどストレス感じないのかもしれないね。
そうです、アジアだけじゃないのよ〜、ヨーロッパもだいたいこんな感じっぽい。

ドイツ人と結婚している友だちが言ってたけど、
きっちりかっちりしてるのは、日本とドイツくらいらしい。

世界のスタンダードが適当なほうだってことですね。
なんだそうなのか!だったらだいたいでいいかな〜。
と日本も全体的にゆるくなってもいいかなって思います。
きっちりかっちりしていて良いところももちろんあるけど、
息苦しさもあるもんね。

イギリスの20年たっても変わっていないところ、
台所の水とお湯が別々に出るところ、しかもお湯は熱湯です。
そこは便利に変えませんかね?
あの頃、大きなペットボトルに穴をあけて、
水とお湯を合体させて、ミックスさせて適温のお湯を出す裏技を使ってましたが。
娘の寮もいまだに熱湯が出るみたいです💦
古いままで良いものもあるけど、便利さを追求するのも必要だと思うじょ〜。

日本で熱湯しか出ないキッチンは今の時代ないよね。
何事においても便利さを追求して、どんどん技術が発展していったのはやっぱりすごいなって思います。

いずれにしてもバランスが大切。
緊張と緩和のバランスがね〜、日本人は苦手っぽいし。
もうちょっと適当感を出せる社会になったらいいなと心から思います。
適当感を出せる社会になったらうつ病も減るんじゃないかなぁ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村




気分はフレッシャーズ
娘がイギリスへ旅立って早いもので10日が過ぎました。

私は元気にやってます!

そりゃいろいろ思うことはありますが、
今を生きるしかないですもんねぇ。
原点回帰と言いますか、
初心に返ると言いますか、
まるで私が大学生活スタートさせるかのようなフレッシュな心持ちです。

それを祝福するかのような、今日のハノイのお天気です。
太陽がまぶしいものねぇ〜。
スカッと晴れ渡る中、1ヶ月ぶりのズンバでした。

膝が痛くてずっとお休みしていたのですが、
ためしてガッテンで見たひざのストレッチを試してましたのよ。
おかげで痛みもなくなったし踊っても大丈夫でした。
このまま膝の痛みがなくなることを願って。
ストレッチはずっと続けようと思ってます。

ちなみにこのストレッチはとっても簡単なので興味がある方はぜひチェックしてください!
ひざ痛がついに解消!

ジムではベトナム人おばちゃんたちと、どうしてたの?とか、
日本人?きれいね〜とか、いやいや、あなたのほうがきれいよとか、
そういうどうでもよい話をしてお互いニコニコ笑ってまたね!と。

私は基本ジムでは”話かけるなオーラ”出しまくりなんだけど、
たぶんいろいろあったので、私がまとってる雰囲気もちょっと変わって来てるようです。

いくつになっても人間進化するもんなんですよね〜。
そう考えると楽しいね!



にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
やはり修行かと
娘も佳子さまもイギリスへと旅立ちましたね〜。
(佳子さまの動向も何かと気になる私)

今の時代、本当に便利になったもので、
空港ではWi-Fiが使えてすぐに連絡出来ますし、
着陸した、乗り換えた、待ち合わせで会えたなどなど、
その都度連絡が入るわけです。

私たちがイギリスへ渡った頃には考えられないことです。
両親たちはやきもきしていたんだろうなと思います。
臨月でイギリス入りしてますし私。
乗り継ぎで滞在したロンドンでのホテルも予約してなかったし。
住む場所だって決まってなかったもんなぁ。

それを娘に置き換えて考えてみると、、、、、、ムリムリムリムリ!!!
夫と一緒だったとはいえ、両親たちはきっとやきもきしたでしょうね。
もうこの2人はそういう人たちだからと、徐々にあきらめていったのかもしれないけど、
自由にのびのびとさせてくれて、あらためてありがたかったなと思います。
私もこんなふうに強くなっていくんだろうか。

今はまだ胸が痛くなります。
それは今まで感じたことのない痛みで、
この痛みはいつまで続くんだろうと思ったりもするんですが。

去年友人が私と同じように1人息子をアメリカの大学へとおくっていて、
その友人が言っていたのが、

あの時は、もうダメかもって思ったけれど、何とか乗り越えたよ〜。
これは乗り越えられないかもって思ったけど、やれたよ!私!!
やれるもんだよね〜、うん!!

と言っていたので、その言葉を信じて日々を過ごそうと思っています。

娘はロンドンからリーズへと移動して、寮にも入ったんですが、
早速風邪をひいたようです。
あわあわあわと、あわててしまいそうになりますが、
ここは娘を信じていくしかないですよね。
いやはや、いろいろ試されてますね苦笑。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
渡英
イギリスのビザがやっと取れました!
先月14日に申請して、5営業日で出来ると言われてから、
実際にビザが届くまで22日間かかりました。

申請する時には、特急料金も支払っています(約2万円)。
5営業日がイギリス時間だと22日間だったとはね〜。
イギリスは相変わらず日本とは違う感覚ですね。うふふ。

でもこれは想定内の出来事で、
何となくこうなる気がしていたので、飛行機もまだ取ってませんでした。
本当にビザが取れるまでお金払うのは危険、危険。

それでも希望していた飛行機も無事に予約出来て、
娘は当初の予定通り今週末に渡英します。

イギリスに行っちゃうのね、、、、、、とさみしい気持ちになってはいますが、
ビザが取れなくて取れなくて毎日やきもきしていたので、
さみしいよりも、よかったよかった!の気持ちのほうが勝っています。

佳子さまも来週渡英すると報道がありましたね。
紀子さまも私と同じようにさみしいわよね〜と思われてるのでしょうね。
留学生の母同士、いろいろやきもきしますね。
あ、でも、佳子さまビザは速攻で取れたと思いますけど。

来週からは19年ぶりに夫婦2人の生活がスタートします!
なんか新鮮だなぁ。
潤滑油の娘もいなくなることですし、超意識して仲良くしたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
帰国子女のサイトを立ち上げました
娘と一緒にウェブサイトを立ち上げました。

ここをクリック→帰国子女.com


娘がインターに行き始めたのが小2の9月からで、
そこから長いインター生活がスタートするのですが、
はじまった当初はまさか高校卒業までインターに行くとは思ってませんでした。

海外生活が長くなるに連れて、娘の進路のことでは悩みましたし迷いました。
このままインターで行っていいのか?日本に帰った方が良いのか?

情報を探そうと思ってウェブでもいろいろ調べましたが、私が欲しいと思ってる情報はなく、、、、、

海外のインターでIBを取って海外の大学に行く、

このことひとつを取ってみても、情報はほとんどありません。
何もかもが手探りでやってきたなという印象です。

海外育ちと言っても、欧米で育っている場合と、
アジアで育っている場合で状況は違います。

私たちが経験したことしかわからないのですが、
それでも、迷ったり悩んだりしている方々のお役に立てることがあれば。
そう思って娘とこのサイトを作りました。

今後は、東大PEAKプログラムの受験について(書類選考と面接の情報など)なども情報を載せて行こうと思っています。
PEAKを受ける時にも、まったくと言っていいほど情報がなかったので💦

みなさんのまわりで、この情報が必要な方がいたら、お知らせしてもらえるとうれしいです。
お互いに情報を共有して悩みをシェア出来たらいいなと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村